2010 ブラックプール ダンスフェスティバル

 

 

2010.06.17  総括 2010 ブラックプール ダンスツアー 

 
 

2010 ブラックプール ダンスツアー 大満足のうちに、完了です。

12泊13日で、ビックリするほどの旅行費用でしたが、私としては納得です。

その最大要因は、日新航空サービスを選んだことに尽きると思います。

グランドフロア前列2番目の席を、確保してもらったこと、

コングレス、セミナーの手配と、事前の情報提供、

「みんなで踊ろう伝統のボールルーム」の企画、

ブラックプール市長主催の歓迎レセプションの招待状、等々。

その日新航空サービスを選んだのは、私です。

インターネットで、2週間がかりで探しました。200件波乗りしました。

願わくば、もっと、簡単に探せればと思います。 方法は、あるんですよ…

 

今回のツアーには、目的が三つありました。

@映画「Shll We ダンス?」のホールで踊りたい。

ウインターガーデンと、タワーボールルームが、別々とは知りませんでした。

でも、両方とも、踊れました。満足です。

Aスピードラーニングで、ガイドなしで、自分で英会話して、旅行したい。

200時間聞きましたが、コマーシャル通りにはいきませんでした。

ツアー会社を通さないと、指定席が取れないからという大義名分(言い訳)です。

Bコングレス、セミナー、レッスンなど、すべてを受けて、特派員気分で、現地速報したい。

老け込まないため、若返りの脳トレのひとつです。ノートパソコン、デジカメも用意しました。

12泊13日間、緊張感を持ちながら、気持ちよく、取材し、現地速報できました。

 

コングレス、セミナーの9人+9人+5人=23人のレッスンを、どこまで自分のものにできるか?

今後の課題です。

時間をかけて、ひとつずつ、いえ、ひとつでも、クリアしていきたいと思っています。

 

 

 

 

TOPに戻る   ブラックプールTOPに戻る